寄せ植え華道

新しい花の文化を創る寄せ植え華道をはじめませんか? お問い合わせTEL:0574-48-8087  FAX:0574-48-8081

HOME
各支部紹介
イベント情報
お問い合わせ

寄せ植え華道とは

「寄せ植え華道」は、寄せ植えの技術に日本古来の華道、盆栽などの「和」の文化と、ガーデニング、フラワーデザインなどの「欧米」の文化を融合させ、容器や庭などある一定の空間に植物を植栽し、生活空間を装飾するものである。
 なお、植栽する植物の選定と組み合わせにあたっては、植物の特性、形や色彩、材質を考慮し、物語性、芸術性を追求する。
 さらに、作品を作製するまでの技術的、精神的課程及び作品の成長に即した維持管理や作品を鑑賞する心の充足など、作品に関する課程のすべてを極めるものである。

寄せ植え華道協会会員募集

寄せ植え華道協会では、会員を髄時募集しております。
お友達やお知り合いの方を是非お誘いください。

1.入会資格
寄せ植え華道に興味のある方ならどなたでも入会出来ます。

2.会費
*入会金:年3500円 会員期間は1年間(1月1日〜12月31日)で毎年更新です。
*年会費:取得資格によって金額が違います。
 ※尚、中途入会の場合でも1年分の会費が必要です。

3.特典
(1)協会が主催する寄せ植え華道教室(年数回)や講演会・交流会の参加。
(2)各種花イベントの入場券などの配布
(3)協定花店(岐阜県内60店舗以上)での植物及び資材の割引。
(4)花に関する情報誌の配布、ニュースレターの配布。
(5)花に関する図書の紹介

4.入会方法
当サイトのお問い合わせから入会希望とお問い合わせ下さい。
会費の入金が確認でき次第、会員証を送付させて頂きます。
詳しくは、寄せ植え華道協会事務局までご連絡下さい。
TEL: 0574-63-3985
FAX: 0574-63-3986
Eメール yoseuekadoujimutantou@yahoo.co.jp

**資格認定制度**

花づくり花かざりの技術を学びたい方を対象に、植物の生理生態、管理方法、植栽のデザイン等について、3級から正師範までの段階を踏んで、幅広い講師陣から学べる講座(実技、講義)を開催しています。植物に関する幅広い知識や花かざりの技術を習得できるほか、認定資格を得ることにより寄せ植え華道の指導者になることもできます。


  3級 →2級 → 1級 → 師範 → 正師範 → 認定講師

講座実施期間:4月〜9月(月1回程度)
各講座修了時、認定試験があります。



〈正師範資格を取得すると〉

*花育アドバイザー登録証が取得できます
(財)日本花普及センターの推進している、「花育」に寄せ植え華道協会も参加登録しています。そして、「花育アドバイザー登録証」が正師範資格取得者に交付されます。

* 2,3級講師資格が取得できます 
 2,3級講師養成講座と正師範研修に参加いただき、一定の規定をクリアすると認定教室講師(個人での教室開校)として活動できます。

  

  

トピックス

事務所からのお知らせ

受付時間:

9:30〜15:00

定休日:

火・土・日曜・祝日


※寄せ植え華道の講座やイベントのある時を除く。


花フェスタ記念公園

イベント報告


砂像〜サンドアートを楽しもう〜

日時:平成30年8月26日
会場:花フェスタ記念公園内 花トピアホール
 砂像愛好家 小石先生の研修が行われました。
 砂像とは砂と水で固めた砂山を彫ってつくる彫刻です。初めて知った方も大勢いらっしゃいました。世界にはプロの砂像アーティストも存在しており、砂丘で有名な鳥取には「砂の美術館」があります。
 今回は今までにはないとても魅力的な研修でした。「もっと皆さんに知っていただき砂像の楽しさを広めたい」と熱く語った小石先生。
 前半はプロジェクターによる砂像の説明。後半は小石先生の指導のもと造形を彫っていました。
砂に水を浸透させる過程で水の分量調整が難しく、作っている途中で崩れてしまうと残念な声もありましたが、砂像のもつ儚さや、崩れても再生可能と前向きに考えて作成していただけたらと思いました。
 来年の初めに寄せ植え華道が地球館の装飾を担当させていただく時に、今回の砂像研修を活かして作成できたらと考えております。

企画担当 理事 小林 久美子